ハンガリー旅行記(43): ゲッレールトの丘

 ハンガリーの首都ブダペストは「ドナウの真珠(Dunai gyöngy)」と言われているそうです。ブダペストの街の真ん中をドナウ川が貫いていて、西側のブダ地区・東側のペスト地区を合わせてブダペストです。

シュロの葉を高く掲げた女性のモニュメント (2015年12月29日撮影)
裏側から見た王宮 (2015年12月29日撮影)

 ブダ側は山、ペスト側は平地なのですが、ブダ側に「ゲッレールトの丘」があります。1枚目は丘の頂上にあるシュロの葉を高く掲げた女性のモニュメントです。この丘からの眺めは素晴らしく、この写真を撮った日もたくさんの観光客が登ってきていました。2枚目は王宮の裏側ショット、ドナウ川から見た王宮の写真はたくさんありますが、裏側はこうなっています。

ドナウ川の上流側の橋3つ:手前からエルジェーベト橋、鎖橋、マルギート橋 (2015年12月29日撮影)
ドナウ川の下流側:手前から自由橋とペトーフィ橋 (2015年12月29日撮影)

 大きな川があると、橋は生命線ですね。3枚目はドナウ川の上流側で手前からエルジェーベト橋、鎖橋、マルギート橋です。また大聖堂や国会議事堂などが見えます。4枚目は下流側、手前から自由橋とペトーフィ橋です。ハンガリーの地名は過去の偉人から取ることが多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です