ハンガリー語(46): 板ですか?

 ハンガリー人にとって、日本人は会議でいつもカバンのことばかり話しているように聞こえる、ということを以前に投稿しました。同様の例を今回もう一つご紹介します。ハンガリー人によると、日本人は何かを訪ねるときいつも板のことを話しているように聞こえるそうです。

 日本語の例文では「あなたは学生ですか?」などと質問の最後に「〜ですか?」を使うことが多いです。ハンガリー語でもdeszka(デスカ)という言葉があり、これは名詞で板のこと。日本人は質問の時いつも板のことを話すわけです。

日本語で質問の時に使う「〜ですか?」と聞くとハンガリー人は板のことが頭に浮かぶ。
Japánul a kérdésnek a végén ですか(deszuka) kifejezést használjuk.

A múltkori szövegben azt írtam, hogy a japán emberek gyakran táskáról beszélnek a tárgyaláson. Hasonlóan a magyar emberek úgy érzik, hogy a japán emberek gyakran falapról beszélnek, amikor valamit kérdeznek.

Japánul a kérdésnek a végén ですか(deszuka) kifejezést használjuk. Például, ha azt kérdezzük hogy te diák vagy-e, akkor japánul azt mondjuk, hogy 君は(te)学生(diák)ですか(vagy)? És ez az utolsó ですか-nak a kiejtése “deszuka”, amiból a magyar embereknek eszükbe jut a deszka szó, ami lapos faanyagot jelent. 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です