ハンガリー旅行記(47): 博物館の夜

 2015年から2017年途中まで赴任していたハンガリーでは、夏至の週末から子供たちはなんと9月末までのながーい夏休みに入ります。子供たちにとっては嬉しいでしょうが親はたまったものではありませんね。
 夏休み初日となる夏至の週末、ハンガリーでは年に一度の「博物館の夜」となります。全ての街で博物館は特別営業、深夜25:00ぐらいまで開いていて、1枚のチケット(600円ぐらいだったような)で全ての博物館に入り放題となります。もちろん地下鉄・トラム・バスなど公共の交通機関もこの日はほぼ終日営業の特別ダイヤを組んでいます。博物館好きの方にはたまらないイベントですね。

リスト記念館 (2015年06月20日撮影)
王宮博物館 (2015年06月20日撮影)
王宮博物館の内部 (2015年06月20日撮影)
恐怖の博物館 (2015年06月20日撮影)
ハンガリー国立博物館 (2016年06月25日撮影)


 私は、特別博物館好きではなかったですが、せっかくの機会なので2015, 2016年の夏至にはこの行事に行ってみました。特に初年度の2015年は最後までうろうろして全部で10箇所ぐらい博物館のはしごをしたような記憶があります。1枚目は自宅近くのリスト博物館、既に何度か載せた写真です。2枚目は王宮、実は王宮のこの建物は3枚目のように、内部は博物館となっているのです。4枚目は恐怖の博物館、ホロコースト時代やソビエト占領時代の負の歴史を展示したものです。2年目の2016年は短時間のみ参加、5枚目の国立博物館を見たりしました。博物館の中は撮影禁止であることが多く、既にかなり記憶が薄れてしまったのは残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です