ハンガリー語(44): 非難するときはオコル

     誰かを非難するとき「怒る」と言いますが、このときの動詞はハンガリー語でokol(オコル)です。ほとんど同じですね。ハンガリー語の動詞の活用について、以前にも何度か書いたと思いますが、このokolについても次のような活用形があります。okoltál, okoltad, okolta, okolnakなどなど。それぞれ怒ったる、怒ったど、怒った、怒る泣く、などと聞こえてきますね。

人を非難するときは怒るものだが、ハンガリー語でokol(オコル)は非難するという意味である。 Amikor valakit okol, japánul is a 怒る(okoru) igét használják.

     Amikor valakit hibáztat, az okol igét használják magyarul. Ezt könnyen érthetjük mi, japán emberek. Mert japánul is 怒る(okoru) igét használjuk, ami majdnem ugyanaz a kiejtés, mint okol. Olyan ragozás is lehet japánul, hogy 怒った(okotta), 怒ったる(okottaru), és 怒ったど(okottado), amik elég hasonlók ahhoz, hogy okolta, okoltál okoltad. Ha ők okolnak, akkor 怒る泣く(okoru-naku)-nak hallhatják a japánok, ami azt jelenti hogy okol és sír.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です