ヨーロッパ旅行記(44): 川沿いの美しい町ハイデルベルグ

 今回のご紹介も有名どころ、ハイデルベルグ(Heidelberg)です。フランクフルトからの半日日帰りツアーで足を伸ばして見ました。
 ネッカー川沿いの山の上にハイデルベルグ城(Schloss Heidelberg)があります。1枚目はお城の中庭の様子、風情があります。また火薬庫の廃墟跡が2枚目、壊れた時そのまんまにしてあるようで、その壁の厚さに圧倒されました。お城の中には3枚目のようにどでかいワインの樽が鎮座しており、結構面白かったです。

ハイデルベルグ城(Schloss Heidelberg)の中庭 (2016年09月06日撮影)
ハイデルベルグ城(Schloss Heidelberg)火薬庫の廃墟跡 (2016年09月06日撮影)
ハイデルベルグ城(Schloss Heidelberg)の中にある巨大なワインの樽 (2016年09月06日撮影)


 ハイデルベルグの川沿いをお城の展望台から捉えたのが4枚目、天気も良くとても美しい景色でした。改めて見直すと何だか模型のようですね。お城から降りて市街地を散策、中央広場から見上げたお城は5枚目、これも良い感じです。市街地の中央には6枚目のように精霊教会(Heiliggeist-Kirche)がありました。

ハイデルベルグの街の風景 (2016年09月06日撮影)
中央広場から見上げたハイデルベルグ城(Schloss Heidelberg) (2016年09月06日撮影)
ハイデルベルグの精霊教会(Heiliggeist-Kirche) (2016年09月06日撮影)


 ヨーロッパシリーズ、(48)から今回(59)までの20回分は昨年(2016年)の夏、息子と2人で巡った場所をご紹介しました。こんなに長い間、息子と2人だけで時間を過ごすことはもう2度とないだろうなと思います。様々な巡り合わせに感謝です。次回から何回かは冬のヨーロッパ、クリスマスマーケットをご紹介する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です