ハンガリー旅行記(45): ベートベン記念館

 ベートーベンゆかりの地と言えば35年間暮らしたと言うウイーンでしょう。それ以外にも実はハンガリーにもあるのです。ブダペスト郊外にあるマルトンヴァーシャール(Martonvásár)という街に、ベートーベン記念館(Beethoven Múzeum)があります。
 2015年当時、赴任中のブダペストに遊びに来てくれた友人の希望に応え、南駅から1枚目のような電車に乗って行ってみました。Martonvásár駅から徒歩10分ほどで、広い公園内にある2枚目のような建物が見えてきました。

南駅からMartonvásárへ向かう電車 (2015年9月22日撮影)
トーベン記念館の遠景 (2015年9月22日)

 近づいてみると3枚目のように、確かにベートーベン博物館という文字が見えます。残念ながら中は撮影禁止でしたが、説明資料の入ったクリアファイルを渡され、中には日本語訳も入っていました。若き日のベートーベンがこの館に滞在していたとのこと。恋多きベートーベンの逸話などもあったように記憶しています。周辺は4枚目のような池と散歩道、昔のベートーベンが見たであろう景色を共有しながらしばし散策しました。

ベートーベン記念館の近景 (2015年9月22日)
ベートーベン記念館と周囲の様子 (2015年9月22日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です