ヨーロッパ旅行記(4): スロバキアの首都、こじんまりと落ち着いた雰囲気のブラティスラバ

ブラティスラバ(Bratislava)を紹介します。これで既にピンと来た方は、地理の能力が素晴らしいですね。Bratislavaはスロバキアの首都です。以前は、チェコスロバキアという国がありましたが、現在はチェコとスロバキアの2つの国に分かれています。ヨーロッパにはスロベニアという国もあり、似ているので混乱してしまいますね。
さて、写真の1枚目は聖マルティン大聖堂です。大聖堂と名前は付いているものの、敷地も建物も小さいものでした。残念ながらこの時は中には入れなかったので、内部写真はありません。2枚目は、近くにあるブラスティラバ城の丘側から撮った大聖堂の様子です。大聖堂の敷地がとても小さいため、大聖堂近辺で引いた写真を撮れるのがここしかありませんでした。この角度の方が趣があるかも知れません。

近くから眺めたブラティスラバの大聖堂 (2015年5月24日撮影)
遠くから眺めたブラティスラバの大聖堂 (2015年5月24日撮影)

おまけで3枚目、ブラティスラバ城です。お城というには少し変な形で、ロの字の建物と、その四隅にロウソクのような塔が立っている建物です。どうしてもお城は下から見上げる形になるので、四隅の塔を捉えるのが難しかったです。かろうじて4つとも見えています。

ブラティスラバ城 (2015年5月24日撮影)

ブラティスラバは、首都ではありますが街の規模も小さく、ヨーロッパの他の国の首都と比べて全体的に少し地味な感じがしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です