ヨーロッパ旅行記(26): コルドバのメスキータ

 コルドバはセビリアから比較的近く、少し前にも書いたRenfeというスペインの新幹線で45分程。セビリアに泊まったまま日帰りで出かけてみました。
 今回ご紹介するのはMezquita(メスキータ)という礼拝堂です。もともとはイスラム教のモスクとして建設され、後にキリスト教に改装されたそうです。この経緯はセビリアの大聖堂と似ていますが、セビリアの大聖堂が中身を全部キリスト教に作り変えたのに対し、このメスキータは一部分だけキリスト教の礼拝場として改装してあるため、モスクとキリスト教教会が混在した独特の雰囲気を醸し出しています。
 それでは写真に行きましょう。1枚目が門のあたりから撮った建物の塔、2枚目が中庭です。なかなか全貌を収めるのが難しい建物なのですが、モスクとして建てられたことから想像できるように、かなり巨大です。3枚目がモスクとして建てられて改装されていない部分で建物内の大部分がこんな感じ、4枚目はイスラム建築に特有の細かい文様です。そして5枚目がキリスト教礼拝場として改装された部分で、建物の中央部にありました。この部分だけ光を取り入れた明るくなっており、改修されていない部分は、明かり取り窓をふさいでわざと暗くしてあるそうです。
 広い建物、全体的な薄暗さ、特徴的なイスラム文様、中央の明るいキリスト様、調和のとれていないことがとても印象的な建物でした。

コルドバのメスキータ(2016年04月29日撮影)
コルドバのメスキータ(2016年04月29日撮影)
コルドバのメスキータ(2016年04月29日撮影)
コルドバのメスキータ(2016年04月29日撮影)
コルドバのメスキータ(2016年04月29日撮影)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です