ヨーロッパ旅行記(19): 美しい街シントラとルカ岬

 リスボン(Lisboa)から西へ28kmのところに貴族の別荘などが立ち並んでいるシントラ(Sintra)という地区があります。オプショナルツアーで回ってみました。1枚目がその写真。天候があいにくだったのですが、こじんまりとして美しい佇まいの町でした。

貴族の別荘などが立ち並んでいるシントラ(Sintra)地区 (2015年12月24日撮影)

 オプションツアーでは海岸線も巡ってくれました。ユーラシア大陸最西端のロカ岬(Abo de Roca)です。視界の200度以上が海で、なかなか気持ちが良かったです。最後は古くからの漁村で現在はリゾート地となっているカスカイス(Cascais)の町です。

大陸最西端のロカ岬(Abo de Roca) (2015年12月24日撮影)
古くからの漁村で現在はリゾート地となっているカスカイス(Cascais)の町 (2015年12月24日撮影)

 山の風景、ちょっと走ると海の風景、何となく日本の風景との共通点もあるけれど、異国情緒もある。ポルトガルはそういう国でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です