ヨーロッパ旅行記(41): 奇跡のキリスト像のあるヴィース教会、赤ずきんちゃんフレスコ画のオーバーアマガウ

 前回ミュンヘンをご紹介しましたが、ミュンヘンから日帰りツアーで行ったのはここ、世界遺産となっているヴィース教会(Wieskirche)です。1枚目がその外観で、どこが世界遺産なんだろうという感じの何の変哲もない建物でした。ですが、内部は2枚目のような感じで予想外に素晴らしくて驚きました。そして3枚目がキリスト様の木像、これが涙を流したとのことで、その奇跡が世界遺産たる所以のようです。残念ながらその奇跡を目撃することはできませんでしたが。

ヴィース教会(Wieskirche)外観 (2016年09月05日撮影)
ヴィース教会(Wieskirche)内部 (2016年09月05日撮影)
ヴィース教会(Wieskirche)の奇跡のキリスト像 (2016年09月05日撮影)


 ツアーで行った別の街、オーバーアマガウ(Oberammergau)もご紹介します。この街は、フレスコ画の建物を用いて町おこしをしているようで、街の中心部には4枚目のような建物が並んでいます。5枚目の赤ずきんちゃん、6枚目のヘンゼルとグレーテル、など有名な童話をモチーフにしたフレスコ画の建物は特に人気のようです。

オーバーアマガウ(Oberammergau)の街並み (2016年09月05日撮影)
オーバーアマガウ(Oberammergau)にある赤ずきんちゃんのフレスコ画 (2016年09月05日撮影)
オーバーアマガウ(Oberammergau)にあるヘンゼルとグレーテルのフレスコ画 (2016年09月05日撮影)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です