プログラム(6): プログラム言語オタク5

 前回に引きつつきプログラム言語のご紹介その5です。本当に色々なものに手を出しているなという感じですね。

PHP: データベースを見に行ってデータを引き出し、それをWebページに表示する。そういうことをやりたくなり、色々調べた結果PHPというスクリプトを使うのが良かろうということを知りました。ある時期、結構複雑なスクリプトを書きました。

ruby: 日本人が開発した素晴らしいオブジェクト指向言語があると聞いて興味を持ちました。最初は少し味見をしたぐらいで終わったのですが、ruby on Railsというワークフレームがあると聞いてこれも少し触ってみました。これまで苦労して作ったPHPスクリプトでやっていたことを、確かに信じられないぐらい簡単に再現できました。色々と事情があってruby on Railsでの運用はやりませんでしたが、ruby言語の可能性を感じました。最近ではiOSアプリ開発環境にてfastlaneにお世話になっています。

SQL: PHPからSQL言語を読んで、データベースを引き出すというスクリプトを使うため、簡単なものを齧りました。本当にSQLで管理する必要のあるほど大きなデータベースは触ったことは無いですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です