ハンガリー旅行記(48): ドナウベンドと古城

 ヨーロッパを貫く大河ドナウ川ですが、ハンガリーの首都ブダペストを過ぎた少し後に、北向きの流れが西向きへと大きくカーブします。これはドナウベンド(Duna Kanyar)と呼ばれていて、この辺りの景色も観光の目玉の一つです。

ドナウベンドの景色 (2015年09月20日撮影)
ドナウベンドの景色 (2015年09月20日撮影)

 1, 2枚目は大きく曲がっているあたりのドナウ川、雄大な景色ですね。

ドナウベンド近辺の古城 (2015年09月20日撮影)
ドナウベンド近辺の古城 (2015年09月20日撮影)

 3, 4枚目はヴシェグラードにある要塞で、13世紀頃に建てられたもの。残念ながら近くまではいかず、少し離れた場所から見上げる形です。既に紹介したセンテンドレやエステルゴムもドナウベンド近辺にある街です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です