ハンガリー旅行記(33): なまはげ祭りのモハーチ

 今回はハンガリー(HUNGARY)の地方都市、モハーチ(Mohács)です。私は世界史がからっきし駄目なのですが、世界史に強い方は「モハーチの戦い」のモハーチといえばピンとくるようです。
 毎年2月にこのモハーチで「ブショーヤーラーシュ」という名前の祭りがあります。ハンガリーではとても有名な祭りです。雰囲気がなまはげ祭りと似ているとのことで、2017年の2月に行ってみました。首都ブダペストからはかなり離れていて、列車を乗り継いでの日帰り旅行は結構大変でした。1枚目はモハーチ駅に止まる列車、とても辺鄙な駅でした。

モハーチ駅に止まるローカル線の列車 (2017年02月25日)

 2枚目は街の中央広場の誓約教会(fogadalmi templon)、3枚目は教会の内部です。お祭りとは関係ありませんが、一応見学しました。4枚目は鬼の面をかぶった人、街についた頃にはこのような人が三々五々街を練り歩いていました。舞台に上がって踊ったり、メインの道を練り歩くパレードのようなイベントもあったようですが、時間が合いませんでした。

モハーチの中央広場にある誓約教会 (2017年02月25日)
モハーチの中央広場にある誓約教会内部 (2017年02月25日)
モハーチの街を練り歩くブショーと呼ばれる人たち (2017年02月25日)

 このお面をかぶった人達をブショーと呼びます。「武将」と起源が同じではないかと思います。また、ヤーラーシュ、これは名詞で行進という意味ですが、元になっている動詞はヤールなのです。「遣る」ですね。遣唐使の中にも使われている字です。つまり「ブショーヤーラーシュ」は「武将を遣る」という意味になるのでは、と思います。ハンガリー語と日本語、太古は同じではなかったのだろうかと思うほどです。ハンガリーにこんな祭りがあり、その名前がブショーヤーラーシュだということにとても驚きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です