ハンガリー語(50): 馬とロバ

    ハンガリー語で馬のことをló(ロー)と言います。が、これが「〜の馬」のように所有形になるとlova(ロヴァ)となるのです。ロバと聞けば日本人は驢馬が頭に浮かびますね。昔は驢(ロ)という一つの漢字で驢馬を表していたようです。どうやら大昔は、日本人とハンガリー人は同じ言語を使っており、その中では馬とロバが混同されていたようですね。

ハンガリー語で馬のことをló(ロー)という。Japánul a 驢(ro) szó a szamarat jelenti.
ハンガリー語で馬の所有形はlova(ロバ)。Japánul a szamarat 驢馬(roba)-nak mondják.

    Magyarul amikor a “ló” birtokos ragot kap, akkor ez változik a “lova”-ra. A  “lova”-t hallgatva, a japánoknak eszükbe jut a 驢馬(roba) szó, ami a szamarat jelenti. Ez nagyon hasonló állat a lóhoz. Ráadásul eredetileg csak egy karakter, a 驢(ro) jelentette a szamarat. Azt hiszem, hogy régen az ősemberek összekeverték a lovat a szamárral.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です