ハンガリー語 (1):塩気が足りない時の表現は日本語もハンガリー語も同じ?

side view of a bottle with salt
Photo by Kaboompics .com on Pexels.com

ハンガリー語と日本語の不思議な共通点(1)として、有名どころの同音同義単語をご紹介します。

日本語の「塩」をハンガリー語では「só (ショー)」と言います。完全なる一致ではありませんが、まあ同音同義語とギリギリ言えるかも知れませんね。

塩気が足りない時の表現を無理やり一語の日本語にすると「塩足らん」ですが、これをハンガリー語で言うと「sótalan (ショータラン)」となります。まあ、これもギリギリ同音異義語です。

「塩」も「塩足らん」も同音異義語だということで、面白知識としてテレビ番組でも紹介されたことがあると聞いています。知っておられる方もいるでしょう。その他にも同様の例にいくつか出会いましたので、今後継続的にご紹介できればと思っております。

=========================

Magyar és japán nyelv között van érdekes hasonlatosság. Itt bemutatom a híres példát (1), amiben mindkét szónak ugyanaz kiejtése és jelentése.

Magyarul só-t 塩(sio)-nak hívják japánul. Nem tökéletesen ugyanaz, de elég hasonló, ezért azt tarthatjuk ugyanaz kiejtés és jelentés-nek.

Ha sós íz elégedetlen, azaz magyarul sótalan helyzetben, 塩足らん(siotalan)-nak lehet hívni japánul. Ez is elég hasonló egymással.

Ezt a példát már közvetítették egy japán tévé műsorban érdekes tanulmányként. Talán ön is tudja. Egyéb példát is találtam, amit utána folyamatosan be szeretnék mutstni.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です