ヨーロッパ旅行記(9): 水の都ベネチア

前回に引き続き、水の都ベネチアのご紹介です。1枚目が、サン・マルコ広場にあるドゥカーレ宮殿(Palazzo Ducale)の内部、大評議の間という部屋の天井絵画で、世界最大の油絵とのことです。

ドゥカーレ宮殿の内部、大評議の間の天井絵画 (2015年08月26日撮影)

そして2枚目は、宮殿から牢獄を繋ぐ「溜息の橋(Pounte dei Sospiri)」という橋。2枚目の建物と建物の間に見える橋がそれで、3枚目はその橋の内部に入って中から撮ったものです。

宮殿と牢獄を繋ぐ溜息の橋 (2015年08月26日撮影)
宮殿と牢獄を繋ぐ溜息の橋の中から外を望む (2015年08月26日撮影)

 

4枚目はリアルト橋(Ponte di Rialto)周辺の市場街、おみやげ物屋さんが軒を並べていつも混んでいます。折角なのでゴンドラ(Gondla)にも乗ってみたのが5枚目、狭い水路を巧みにゴンドラを操って街の裏側を見せてもらいました。

リアルト橋 (2015年08月26日撮影)
ゴンドラ (2015年08月26日撮影)

ベネチアは、散歩もよし、建築物を見るも良し、買い物も良し、食事も良し、様々な楽しみ方のできる街でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です