ヨーロッパ旅行記(48): 清潔な印象のスロベニア(SLOVENIA)の首都リュブリャーナ(Lyubljana)

 2017年の5月にスロベニアとクロアチアを回りました。何回かその写真を載せたいと思います。まずはスロベニア(SLOVENIA)の首都リュブリャーナ(Lyubljana)です。こじんまりとして、綺麗な印象の街でした。
 街の中央部に川が流れており、川岸の散策をする人で結構賑わっていました。1枚目は龍の橋(Zmajski most)でこれは街のシンボル、2枚目の肉屋の橋(Mesarski most)はカップルが愛を誓って鍵をかけて行くのだそうです。以上、地球の歩き方からの引用です。

街のシンボルである龍の橋(Zmajski most) (2017年05月01日撮影)
肉屋の橋(Mesarski most) (2017年05月01日撮影)

 中央付近にあるフランシスコ教会(Franciskanska cerkev)は、3枚目のように建物の色が印象的で、4枚目のように中も綺麗でした。すぐ横の丘の上にリュブリャーナ城(Ljublianski grad)があり、ケーブルカーで登りました。上から見下ろした街が5枚目、オレンジ色で統一された良い眺めです。

フランシスコ教会(Franciskanska cerkev)外観 (2017年05月01日撮影)
フランシスコ教会(Franciskanska cerkev)内部 (2017年05月01日撮影)
リュブリャーナ(Lyubljana)の街並み (2017年05月01日撮影)

 城の中の博物館のような展示の音声ガイドでは、多くの言語での解説が準備されていました。これまで行ったことのある観光地中で最も言語に気を使っている国と言えるでしょう。スロベニア語、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロシア語、クロアチア語、ハンガリー語、中国語、ぐらいだったかな?もっとあったかも知れません。スロベニアは旧ユーゴスラビアで、周囲を色々な民族に取り囲まれて苦労した歴史があるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です