ヨーロッパ旅行記(18): ポルトガルのペーナ宮殿

 今回のご紹介は、リスポンから少し郊外に行ったペーナ宮殿(Palacio Nacional de Pena)です。色々な建築様式の寄せ集めらしく、色も様々でなんだかヘンテコではありましたが、不思議な魅力がありました。また、ペーナ宮殿の敷地からムーアの城壁(Castelo dos Mouros)の廃墟が見えました。これは7-8世紀にムーア人によって築かれたとのことです。

色々な建築様式を寄せ集めたペーナ宮殿(Palacio Nacional de Pena) (2015年12月24日撮影)
色々な建築様式を寄せ集めたペーナ宮殿(Palacio Nacional de Pena) (2015年12月24日撮影)
7-8世紀にムーア人によって築かれたムーアの城壁(Castelo dos Mouros)の廃墟 (2015年12月24日撮影)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です