ヨーロッパ旅行記(34): 城塞と音楽の街ザルツブルグ

 今回ご紹介するのは、オーストリア(AUSTRIA)のザルツブルグ(Salzburg)です。
 1枚目はホテルの高層階から見た旧市街です。山の上に城塞、その手前に大聖堂などがあります。2枚目は大聖堂(Dom)、これは右側からの写真ですが、立派な大聖堂です。中にも入れましたが、あいにくのお天気で少し内部が暗くて残念でした。3枚目は城塞(Festung Hohensalzburg)に登りその展望台から見た街の様子、ザルツァッハ川(Salzach)を挟んで美しい街並みであるのがわかります。

ザルツブルグ旧市街 (2016年08月09日撮影)
ザルツブルグ大聖堂側面 (2016年08月09日撮影)
ザルツブルグ城から見下ろした街の様子 (2016年08月09日撮影)


 ザルツブルグと言えばモーツアルトゆかりの地、と言うことで4枚目はモーツアルトの生家(Mozarts Geburtshaus)です。この建物の4階が生家で博物館になっているそうです。建物前には常に人垣ができていましたが、地上階部分はスーパーマーケットになっていて、ちょっと風情を削がれる感じですね。5枚目はミラベル庭園(Mirabellgarten)、ドレミの歌やサウンド・オブ・ミュージックなどにも登場している綺麗な庭園だそうです。Sarlzburgはとても綺麗な街でしたが、観光中ずっと雨が降っていて残念でした。

モーツアルトの生家 (2016年08月09日撮影)
ミラベル庭園 (2016年08月09日撮影)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です