プログラム(11): iOSアプリ4 – make10

自作iOSアプリのご紹介の4回目です。

今回は「make10」です。

4つの数字を使った計算で10を作るパズル。
難しさのランク順、またはランダムな出題を選択可能。
回答作成のための入力はとても簡単で使いやすい。
AppStoreでの全言語に対応。
修正箇所のご指摘は、E-mail(日本語か英語)でお願いします。

皆様お馴染みの?make10をアプリにしてみました。あの藤井聡太さんも趣味にしているというmake10です。アプリのインターフェースは色々な方法があるでしょう。ここでは、クルクル回すpickerを使い回してみました。

このアプリでは、インターフェースもさることながら、事前の準備がとても大変でした。4つの数字の組み合わせは沢山あるわけなんですが、全てが四則演算で10を作れるわけではないですね。(1, 1, 1, 1)とかは絶対無理ですね。なので、まずは出題候補となる4つの数字の組み合わせを求めておいてやる必要があります。そうやって562通りの出題候補を選び出しました。その中で例えば(1, 9, 0, 0)とかすごーく簡単なものもありますね。なので、次は自前で難易度ランキングを付けました。自前のランキングに従って難しい方から100個を出題しています。

それから、簡易計算機も内蔵してなければなりませんね。答え合わせの時に必要です。この辺りの実装では先人の知恵、逆ポーランド記法を使わせてもらっています。なるほど、プログラムとの相性は抜群です。また、答えを間違えた時のために分数計算もやる必要があります。最低限の機能を実装しました。

自分でもやってみましたが、全100問を解くのは結構骨です。是非チャレンジしてみて下さい。

最新の機能としては、言語切り替えを搭載し100ヶ国語以上で楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です