ハンガリー語(45): 因果応報

 因果応報という言葉があります。因は原因、果は結果、原因はかならず結果として巡ってくるわけですね。実は、ハンガリー語でもinga(インガ)という名詞がありまして、その意味は振り子です。ある方向に行った振り子は必ず逆方向に戻ってきます。まるで原因と結果のようですね。同じ概念が「インガ」という同じ言葉に割り付けらているような気がして、とても不思議です。

ハンガリー語でinga(インガ)は振り子のこと。振り子の振動は必ず自分に戻ってくる。因果応報である。 Az inga mozog oda és vissza, aminek a mozgásáról az is ezükunbe juthat, hogy ok és eredmény.
ハンガリー語でinga(インガ)は振り子のこと。振り子の振動は必ず自分に戻ってくる。因果応報である。 Az inga mozog oda és vissza, aminek a mozgásáról az is ezükunbe juthat, hogy ok és eredmény.

     Amikor az “ingá”-t halljuk, a japánoknak eszünkbe jut az 因果(inga) szó. Az 因(in) az valami okát jelenti, és a 果(ga) pedig az eredeményt jelenti. Szó szerint az 因果(inga) azt jelenti, hogy ok és okozat. Az inga mozog oda és vissza, aminek a mozgásáról az is ezükunbe juthat, hogy ok és eredmény. Így mindenkét nyelvben a szó ugyanazt a koncepiciót jelenti.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です