ヨーロッパ旅行記(64): ドレスデンのツヴィンガー宮殿

アンペルマン信号、ツヴィンガー宮殿 、君主の行列(Dresden, GERMANY)

 年末年始でちょっとサボってしまいましたが、ヨーロッパシリーズを続けます。今回はドレスデンの1回目です。

 1枚目と2枚目が、街を歩いていてちょっと珍しかったので何の気なしにカメラに収めた信号の写真です。今調べたらアンペルマンというキャラクターで東ドイツ発祥だそうです。

アンペルマン信号(赤)
アンペルマン信号(青)

 ツヴィンガー宮殿を見学しました。3枚目、4枚目のようにとても広く、美しい宮殿でした。豪華絢爛な宝物庫をじっくりと見たのですが、写真不可のところも多く記憶に頼るしかありません。宮殿内美術館は写真OK、5枚目のような絵も飾ってありました。これはリオタールのチョコを運ぶ女です。前回のマイセンとの絡みでは、6枚目の君主の行列の絵、この巨大な壁画はマイセン磁気のタイルに描かれているそうです。

ツヴィンガー宮殿の入口
ツヴィンガー宮殿の建物
「リオタールの「チョコを運ぶ女」
君主の行列の絵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。